最大限の効果を引き出す!正しい美容オイルの使い方!

SPONSORED LINK





りな
こんにちは!

美容オイル愛用歴8年のアラサー女子りなです。

 

美容オイルやオイル美容ってよく聞くけれど、美容オイルの使い方がよくわからない!という方のために書きました。

この記事では、

  • 美容オイルの効果
  • 美容オイルを使うときの3つのコツ
  • 部位別!美容オイルの使い方
  • おすすめの美容オイル3選

をご紹介します。

 

これを読めば、美容オイルの効果を最大限発揮する使い方をマスターできますよ。

それではさっそくスタート!

 

美容オイルの効果

保湿・乾燥予防

保湿には化粧水!だけなんて思っていませんか?

もし、いくら化粧水で保湿しても乾燥する!と思っているなら、肌に油分が足りていないのかもしれません。

肌は水分と油分のバランスが大切!

美容オイルで油分を補うことで、肌の水分の蒸発も防いでうるおいのある肌を保ちます。

 

肌をやわらかくする

乾燥を訴えるほとんどの人の肌は、角質がたまって厚く固くなっていることがほとんどです。

オイルで肌をやわらかくほぐすことで、化粧水や美容液の肌への浸透が断然高まりますよ。

 

大人のニキビ対策

ニキビ=皮脂が原因と思っている方いませんか?

じつは、大人のニキビの原因はもっと深いところにあるのです!

それは乾燥!

 

肌は乾燥すると固くなったり皮脂を過剰に分泌してしまい、それがニキビの原因になっている場合がほとんどです。

油分不足→皮脂を過剰分泌→ニキビ発生→オイリー肌だと思って油分を控える

こんな悪循環におちいってしまうと最悪です!

大人ニキビに悩んでいる方は、一度だまされたと思ってオイル美容をやってみてくださいね。

 

 

 

美容オイルを使うときの3つのコツ

1.適量を心がける

肌にしっかり浸透する適切な量を使うことが大切です。

顔であれば目安は5~6滴(1円玉硬貨大)くらい。

多く使いすぎてしまうと肌の表面に残って、次に使う化粧水の浸透を妨げたりメイクのりを悪くしてしまいます。

 

2.手で温めながらつける

美容オイルの浸透力を高めるには、手で温めながらつけるのがおすすめ。

肌につけたら、こすらずにハンドプレス!

 

3.身体は皮脂の多い部分を避けてつける

美容オイルをボディに使う場合はわきの下や膝の裏といった皮脂が多く分泌されるところは避けましょう。

乾燥や角質がたまって固くなりがちな、肘・膝・かかとを中心につけると効果が最大限発揮されますよ。

 

 

 

部位別!美容オイルの使い方

【洗顔後すぐにつける】

顔に使うなら、洗顔後すぐに美容オイルを使うのが一番おすすめ!

なぜなら美容オイルの効果を一番実感できる使用方法だからです。

 

やり方は簡単。

洗顔後にタオルで水けを取った顔全体に美容オイルをつけるだけ!

4~5滴(1円玉硬貨大)の美容オイルを手で温めながら、ハンドプレスでつけましょう。

洗顔後すぐに美容オイルをつけることで、水分の蒸発による乾燥も防げるし、肌が柔らかくなってこの後のスキンケアの浸透力がアップしますよ!

 

 

【お手入れの最後に使う】

スキンケアの最後に美容オイルを使うと、化粧水や美容液で潤った肌に蓋をしてくれるので、乾燥予防にぴったりです。

使う量は洗顔後と同じ4~5滴(1円玉硬貨大)です。

 

 

【マッサージに使う】

余裕があれば、洗顔後やお手入れの最後に美容オイルをつけたついでに、マッサージもしてみましょう。

美容オイルの美容成分がしっかり浸透して、顔のむくみやコリを取ることができますよ。

 

やり方は、顔につけるときよりも気持ち多めに美容オイルをつけて、顔の中心から外へコリをほぐすようなイメージで優しく流していきます。

むくみやすい目周りは指の腹を使って内から外へ。

最後に耳の前をとおって、首筋から鎖骨まで流していきましょう。

 

 

【化粧品に混ぜるのはおすすめしません!】

たまに美容液やクリームにオイルを混ぜるというのを聞きますが、私はおすすめしません!

なぜなら化粧品というのは、研究を重ねて究極の配合で作られているから。

一番良いバランスで作られている化粧品に美容オイルを混ぜると、かえって効果が半減したり肌トラブルの原因になったりする可能性もあるので、注意してくださいね。

 

 

身体

【乾燥が気になるところにつける】

お風呂から出たとき、顔に美容オイルをつけたついでに身体の乾燥が気になるところにもつけてみましょう。

肘・膝・かかとは角質がたまって固くなりやすいところなので、美容オイルで肌をやわらかくしてあげるのがおすすめです。

 

 

ヘア

【ドライヤー前に毛先を中心につける】

美容オイルは髪にも使えます。

毛先を中心に美容オイルをつけると、ドライヤーの熱によるダメージから守ってくれます。

毛先に美容成分も浸透して髪がきれいになるから一石二鳥ですね。

 

 

【乾燥が気になったときに、毛先へつける】

髪の乾燥が気になったときには、毛先に美容オイルを試してみてください。

その時、つけるのは毛先だけにしましょう。

髪全体につけてしまうと、ペタッとなってべたつきやふんわり感のない髪になってしまうので気をつけてくださいね。

 

 

 

おすすめの美容オイル3選

最後におすすめの美容オイルを3つご紹介します!

1.メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル 50mL ¥3500

はじめて美容オイルを使う方におすすめです。

保湿力と使い心地がとても良くて、私も何度もリピートしています。

香りもきつくないです。

毎日使うものだから、お手頃価格なのもうれしいですね。

 

2.ハーバー スクワラン 30ml ¥2700

 

オイルとは思えないサラリとした感触!

ベタつかず肌にスーッと素早くなじんでくれるから、サラッとした感触が好みの方におすすめです。

赤ちゃんの肌にも使える優しい成分なのも魅力的。

 

3.ヴァーチェ マルラオイル 18ml ¥2980




保湿効果だけでなく、エイジングケア効果も抜群なのが、マラオイルです。

抗酸化力がアルガンオイルの約3.6倍とは驚きですね。

 

 

 

 

美容オイルで美肌づくりをしよう!

美容オイルは顔・身体・髪と全身に使える万能な美容アイテムです。

まずは1本使い切ってみてください。

今回ご紹介した使い方を試して、美容オイルの保湿力や肌が柔らかくなるところを実感してくださいね。

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です