日焼け後に必ずしてほしい5つのケア!日焼けのダメージを最小限にする方法

SPONSORED LINK







 

りな

こんにちは!
アラサー女子のりなです!!

 

うっかり日焼けをしてしまった!

日焼け止めをしっかり塗っておけば良かった…

こんな経験を、誰もが一度はしたことがあるのではないでしょうか。

 

日焼けで肌が赤くなってしまい、ほてりやひりつきが起こると辛いんですよね。

少しでも早く回復させ、将来の肌へのダメージを最小限にしたい!

そのためには、日焼け直後からのケアがとても大切なんです!!

今回は、

  • 日焼け後すぐにするべきケア
  • 日焼けによる赤み、ひりつきがおさまってからするべきケア

の2つにわけてご紹介します。

 

やるべきことは、全部で5つ!

すべて重要ですので、参考にしてみてくださいね。

 

 

日焼け後すぐにするべき3つのケア

1. 冷やす

日焼け=軽いやけどと同じ状態って知っていましたか?

日焼けをすると肌が赤くなったり、ヒリヒリするのは肌がやけど状態で炎症を起こしているからです。

ほてりが落ち着くまで、しっかり冷やすことが大切。

 

冷やし方は、

  • 冷たいシャワーをあてる
  • 氷水で冷やしたタオルをあてる
  • アイスノンをあてる

 

氷や保冷剤を肌に直接あてると、かえって肌の負担になってしまうのでやめてくださいね!

 

 

 

2. 保湿

日焼けをすると肌の水分が奪われてしまい、乾燥した状態になります。

乾燥は肌の回復の妨げにもなってしまう。

だからこそ、保湿が大切です!

 

日焼け後の肌は敏感になっているので、低刺激の化粧水やクリームでしっかり保湿しましょう。

おすすめはこちら。

 

 

 

日焼け後以外にも、季節の変わりめで肌が敏感になっているときに重宝します。

 

唇にはワセリンがおすすめ。

 

つけるときは、コットンだと刺激になってしまうことがあるので、手で優しくがポイントです。

 

 

3. 水分補給

日焼け後は肌だけでなく、身体の中の水分も減少しています。

だるかったり、疲労感がありませんか?

しっかり水分を摂って、内側からも保湿していきましょう。

 

 

 

 

日焼けの赤みやひりつきがおさまったらするべき2つのケア

ここからは、日焼け後の赤みやひりつきがおさまってからやることです!

肌の状態が落ち着いたら、ぜひ実行してみてくださいね。

 

ここで紹介するケアは、日焼け後72時間以内に特に気合を入れてやってみてください!

72時間とは、紫外線を浴びてからメラニン色素が作られ、定着するのにかかる時間です。

メラニン色素が定着するまでの間にしっかりケアすると、肌が黒くなったりシミやシワを最小限にできます。

 

1. 美白コスメを使う

美白成分の入っている美容液やシートマスクを投入しましょう。

メラニン色素が作られるのを抑えたり、肌の炎症を鎮静させる効果があります。

保湿効果に優れているものを選ぶと、さらに効果的です。

 

 

 

2. 栄養素の補給

日焼け後、特に意識してとるべき栄養素をご紹介します。

 

ビタミンC

もはや大定番ですね。肌の新陳代謝を促して、メラニン色素の生成をおさえる働きがあります。

 

ビタミンA(βカロテン)

日焼けによる肌の酸化を抑えてくれる「抗酸化作用」が高いです。

βカロテンを摂取すると、体内で必要に応じてビタミンAni変換してくれます。

 

ビタミンB群

日焼けでダメージを受けた肌を、健康な肌へ戻すための代謝を促す効果があります。

 

リコピン

トマトに含まれるリコピンは、強力な抗酸化作用があります。

メラニン色素の生成をおさえるのに強い効果を発揮します。

 

 

美白効果のあるサプリは、効率よくビタミンやダメージ回復に必要な栄養素を摂れるのでおすすめ!

 

 

 

日焼け後はしっかりケア!早く美肌を復活させましょう!!

今回ご紹介した、日焼け後のケアをまとめておきます。

 

日焼け後すぐにすること

  1.  冷やす
  2. 保湿
  3. 水分補給

 

日焼けの炎症がおさまってからすること

  1.  美白コスメを使う
  2. 日焼けに効く栄養素を意識的に摂る

 

日焼け後はしっかりケアして、日焼けのダメージを最小限にしていきましょう!

 

 

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です