妊娠中のコーヒーはダメ?妊婦とカフェインの付き合い方

SPONSORED LINK





 

 

妊娠中にコーヒーは良くないって本当?

妊婦はカフェインに要注意って聞くけれど、コーヒーや紅茶は飲めないの?

 

お腹の赤ちゃんが元気に育ってくれるのが一番だけど、コーヒーが飲めないとストレス!という妊婦さんも多いのではないでしょうか。

コーヒー大好きな私も妊娠したとき、真っ先にカフェインの影響が気になりました。

 

この記事では、妊婦さんがコーヒーやカフェインを含んだ飲み物とうまく付き合っていく方法をご紹介しています!

  • 妊娠中のカフェインの影響
  • 妊娠中の適切なカフェイン摂取量
  • どんな飲み物にどれくらいのカフェインが含まれているのか
  • 妊娠中におすすめの飲み物

がわかりますよ!

 

妊娠中のカフェインとの上手な付き合い方を知って、ストレスフリーなマタニティライフを過ごしましょう!!

 

 

妊娠中にカフェインが良くないのはなぜ?

1.妊娠中はカフェインを分解、排泄するのに時間がかかってしまう

妊娠中は代謝速度の低下するので、カフェインの分解・排泄に時間がかかり、身体にカフェインが留まる時間が長くなってしまいます。

つまり、妊娠中は非妊娠時よりもカフェインの影響が出やすい状態になっているということです。

 

2.妊娠初期の流産の確率が高くなる

カフェインの影響で血管が収縮されることで、お腹が張りやすくなり流産のリスクが高くなります。

 

3.カルシウムや鉄分の吸収を妨げる

カフェインに含まれるタンニンという成分がカルシウムや鉄分を尿と一緒に排出させてしまいます。

そのためカフェインを摂りすぎると、お母さんがカルシウム不足、骨粗鬆症、貧血になりやすくなってしまうのです!

 

4.妊娠後期の胃もたれの原因に

妊娠後期にお腹が大きくなってくると、胃が圧迫されて胃液が逆流することで、胃もたれをおこしやすくなります。

カフェインは胃酸の分泌を活発にするので、胃もたれを悪化させる原因になってしまう恐れが!

 

5.胎児や胎盤の発育遅延

お母さんがカフェインを摂取すると、胎盤を通過して赤ちゃんにもカフェインが届きます。

赤ちゃんの代謝機能は未熟なので、赤ちゃんの体内にどんどんカフェインが溜まっていってしまいます。

カフェインは血管を収縮させる作用があるので、赤ちゃんに酸素や栄養素が十分にとどかず、脳や身体・胎盤の発育遅延につながる恐れがあります。

 

 

 

妊娠中のカフェイン摂取量の目安

日本では明確な妊娠中のカフェイン摂取量の目安は発表されていません。

しかし、世界保健機関(WHO)や海外では妊娠中のカフェイン摂取量の上限がさだめられていることがあるので、ご紹介します!

 

  • 世界保健機関(WHO):妊婦はコーヒーの摂取量を1日3~4杯までにすべき
  • イギリス:1日200mgまで
  • カナダ、オーストラリア、韓国:1日300mgまで

 

この中で一番厳しいイギリスの基準と照らし合わせると、1日にコーヒー1~2杯程度なら大丈夫ということになりますね。

目安にしてみてくださいね!

 

 

 

飲み物に含まれるカフェインの量

代表的な飲み物のカフェイン含有量を紹介します。

1杯200mlで計算してありますので、参考にしてみてくださいね。

 

【飲み物1杯に含まれるカフェインの量(1杯=200ml)】

  • コーヒー :約120mg
  • 日本茶(煎茶):約40mg
  • 日本茶(玉露):約320mg
  • 紅茶     :約60mg
  • ウーロン茶 :約40mg
  • ミルクココア :約10~20mg

 

 

 

カフェインはこんなものにも入っているから気をつけて!

カフェインは意外なものにも入っているんですよ!

コーラ、栄養ドリンク、チョコレートは代表的なものなので、覚えておいてくださいね。

 

  • コーラ(350mg):約34mg
  • 栄養ドリンク(1本):ものにより約50~100mg
  • 板チョコ(1枚):約20mg

 

 

 

デカフェ(カフェインレス)もおすすめ

妊娠中もカフェイン入りの飲み物を適量なら飲めることはわかったけれど、コーヒーやお茶をもっと気兼ねなく飲みたい!と思う方もいますよね。

そんな方におすすめのデカフェ(カフェインレス)の飲み物をご紹介します!

 

カフェインレスコーヒー

 

 

いくつかインスタントのカフェインレスコーヒーを試しましたが、ドトールのものが一番風味が良くておいしかったです。

価格も1000円くらいだから、1杯約50円でおとくですよね。

 

カフェオレ派の方なら、ブレンディが簡単・おいしくておすすめですよ。

 

 

ルイボスティー

 

女性に人気のルイボスティーならノンカフェインで妊娠中も安心して飲めますよ。

独特の風味があるので、はじめて飲む方は少量のものから試してみてくださいね。

 

 

麦茶

 

 

麦茶もノンカフェインの飲み物です!

暑い夏はミネラル補給になりますし、寒い冬はホットで飲んでもおいしいですよね。

 

カフェインレスのお茶

 

 

手軽に飲めるペットボトル飲料もたくさんありますよ!

お茶ならカロリーゼロだから、妊娠中の体重コントロールも安心ですね。

 

 

妊娠中も適度にコーヒーを楽しんで!ストレスフリーなマタニティライフを!!

妊娠中も適切な量を守ればコーヒーやカフェインを含んだ飲み物を楽しめますよ。

カフェインレスの飲み物も取り入れながら、ストレスフリーなマタニティライフを過ごしましょうね!

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です