【無印良品】ダイニングテーブルの特徴と使い心地を徹底解説!

SPONSORED LINK







 

りな

こんにちは!

家具・日用品は8割以上無印良品で暮らしてる、アラサー女子のりなです!!

 

無印良品の家具って素敵ですよね。

ダイニングテーブルを無印で買いたい!と思った時、種類があるので迷いますよね。

お値段もそこそこするから、調べていくうちに「他のお店の木製ダイニングテーブルでも良いかも!?」と気持ちが揺らぐことも(笑)

 

そんなふうに無印のダイニングテーブルに興味をもっている方へ。

無印の家具愛用歴10年以上の私がダイニングテーブルの特徴と使い心地、さらにはデメリットまで徹底的に解説します!

購入するときの参考になれば幸いです。

 

無印のダイニングテーブルの種類

無印のダイニングテーブルは、素材やデザインでシリーズが用意されています。

それぞれご紹介しますね!

 

オーク材・丸脚シリーズ

 

私も購入した、無印のダイニングテーブルを代表するシリーズです。

原料は、北米大陸東部の森で約100年の歳月をかけて育ったホワイトオーク

特徴をまとめてみますね。

 

【特徴】

  • 色の濃淡がある木目をそのまま使用しているからナチュラル
  • サイズが3種類ある
  • 丸みを帯びたデザインが優しい雰囲気
  • 角がないデザインなので、子どものいる家庭も安心

 

 

無垢材

ayanoさん(@citron0515)がシェアした投稿

 

無垢材のシリーズは、使えば使うほど味わいが深まっていくのが魅力です。

オーク材・丸脚シリーズと同じ北米産の無垢材を原料にしています。

 

【特徴】

  • オーク材・ウォールナット材の2種類あるので、好みの色や素材を選べる
  • サイズが3種類あり、1~2人用の小さめもある。
  • 耐久性に優れているので長く使える
  • 四角のシャープなデザインだけど、木製なのでクールになりすぎない

 

余談になりますが、オーク材とウォールナット材の特徴も書いておきます。

 

  • オーク材:古くから家具やウィスキーの樽として使われている、かたくて耐久性に優れた素材。繊細で優しい表情をしているので、落ち着いた雰囲気に。時間の経過とともに風合いが増す。
  • ウォールナット材:世界三大銘木の1つ。(あと2つはチーク、マホガニー)古くから家具材や装飾用材として使われ、現在も高級家具や工芸品に使用されている。適度な油分を含んでいるのでツヤがあり、使い込んでいくことで味のある風合いになっていく。

 

 

リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ

Saho Shimawakiさん(@sahoshimawaki)がシェアした投稿

 

低めタイプのリビング兼ダイニングテーブルです。

名前のとおりリビングでゆったりくつろぐとき、ダイニングで食事を楽しむとき、どちらのシーンでも使えます!

 

【特徴】

  • 高さが60cmと低いので、部屋を広く感じることができる
  • リビングでもダイニングでも使えて汎用性がある。
  • サイズが4種類、素材2種類と豊富なラインナップ
  • セットでコーディネートできる専用ソファチェアの座り心地が最高

 

 

折りたたみテーブル

Soraさん(@sora20170105)がシェアした投稿

 

なんと無印には折りたたみ式のダイニングテーブルもあるんです!

天板はオーク材、脚は黒のスチールで作られていて、カッコいいですよね。

 

【特徴】

  • ダイニングテーブルとしてだけでなく、ワークスペースとしても使える
  • サイズは2種類
  • スペースを有効活用できる
  • 木と黒のスチールを組み合わせたクールなデザイン。

 

 

REAL FURNITURE

無印のシンプルさと素晴らしい素材を堪能できるシリーズ。

飽きのこないデザイン、長く使える品質にこだわっています。

わが家はダイニングチェアのみこのシリーズにしていますが、テーブルもありますよ。

 

【特徴】

  • シンプルだけど、使いやすさに徹底的なこだわりがある
  • 長く使い続けられることを目指して作られている
  • 豊富なラインナップ
  • 取扱店舗が少ない
  • オーダーの場合だと、オーク材・ウォールナット材以外に、アルダー・アッシュも選べる。(すべて無垢材だけど、色が違う!ウォールナット材は少し価格が高め)

 

 

 

ダイニングテーブルのオーダーもできる!

 

なんと無印のダイニングテーブルは好みのサイズでオーダーすることができるのです!

既製品だと部屋のサイズに合わない、イメージと違うというときにオススメです。

 

オーダーできる商品は、「オーク材・丸脚シリーズ」「無垢材」「REAL FURNITURE」です。

天板のサイズはもちろん、脚の高さ調整も1cm単位でできるので、自分の生活にぴったり合ったダイニングテーブルを手に入れることができますよ!!

注文してから約48日で完成するそうです。

 

 

 

無印のダイニングテーブルを購入してみた

私も結婚のタイミングで念願だった無印のダイニングテーブルを買ってみました!

種類が沢山あって迷いましたが、選んだのは

オーク材テーブル・丸脚(幅150cm×奥行80cm×高さ72cm)

 

最高にお気に入りです!

 

選んだ決め手は、丸みを帯びた優しいデザイン!!

ダイニングテーブルって大きくて存在感があるから、角がないデザインだと空間全体が優しくなるんです。

 

正直言って、無垢材の四角いダイニングテーブルとかなり迷いました。

なぜならわが家のローテーブルと作業用デスクは、無印の無垢材シリーズの四角いタイプだから!

それでもあえてダイニングテーブルを同じシリーズで揃えなかったのは、毎日食卓を囲むときにふんわり温かい雰囲気が良いと思ったからです。

 

ちなみに届いたときは段ボールに入っていて、夫と2人で脚を取り付けました。

取り付けるときに使うドライバーみたいなものもセットでついてきますよ。

天板が結構重いので、2人で作業したほうが安心です。

 

 

 

無印のダイニングテーブルの良いところ

実際に使ってみた感想も含めて、無印のダイニングテーブルの良いところをお伝えします。

 

シンプル

どんなお部屋にも馴染むシンプルさは無印の家具の良さですね!

余計な装飾がないから飽きがこないですしね。

 

ナチュラル

ナチュラルテイストが好きな方にもおすすめです!

無印のダイニングテーブルは素材の良さをいかしているので、温かくて優しい雰囲気を味わえますよ。

 

傷がつきにくい

使い始めて1年経ちますが、まったくと言っていいほど傷がつかないです!

特別な配慮をしているわけではないのですが、本当に綺麗なまま。

10年ほど使っている無印の無垢材デスクも全然傷がついてないです!!

丈夫な家具がほしい人にぴったりですね。

 

トータルコーディネートできる

無垢材シリーズなら、TVラックや本棚など様々な家具が販売されているので、シリーズで揃えてトータルコーディネートできちゃいます!

統一感が出て素敵ですよね。

 

 

 

無印のダイニングテーブルの惜しいところ

keiさん(@myc344)がシェアした投稿

 

無印のダイニングテーブルはこういう人におすすめできないな~と思うところを挙げてみました。

 

華やかさがない

ぱっと目をひくオシャレなダイニングテーブルを探している方には物足りないですね。

凝ったデザインや装飾は一切ないので、ちょっと地味だな…と感じる方もいると思います。

 

モダンな印象にはならない

クール、カッコいい、洗練された感じを求めている方にはおすすめできません。

木の素材感を大切にしているので、ナチュラルで優しい雰囲気になります。

 

お値段がそこそこする

お値段は決して安くはありません。

私が購入した「オーク材テーブル・丸脚」は、98000円でした。

ニトリやIKEAに行けばお得な家具が手に入る時代には、少し高めなのかなと思います。

 

ただ、やっぱり素材や品質が全然違います。

わが家の歴史をずっと一緒に刻んでいけるダイニングテーブルなら無印、気軽に買い替えて楽しみたい方はニトリやIKEAが良いでしょう。

 

 

 

無印のダイニングテーブルは自信をもっておすすめできます!

無印のダイニングテーブルはデザインも品質も文句なし!

使えば使うほど愛着がわいてくる、長く愛用できるものですよ。

購入を検討している方は、ぜひ一度お店で実物を見てみてくださいね!!

 

SPONSORED LINK







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です